古民家の再生・活用から地域活性化へと繋げる活動を行っています

お知らせ

ブログ

天井

天井は構造と意匠が直結するが古民家においては木板で仕上げられるのが一般 的であり木の木目などにこだわりがみられます。

落ち天井

天井が二段になっている場合に、低い方を「落ち天井」または「下がり天井」と呼びます。 掛込み天井と同様に草庵風茶室から発生した手法。天井構成で、平らな主天井を貴人座や 床の間廻りに、掛込み天井を客座の上に、落ち天井は客座に …

掛込み天井2

天井部分と、化粧屋根裏勾配天井部分の仕上げ材を変えることが多く、板、野地板 垂木、小舞などを組み合わせて、変化のある空間を演出する。小空間で発達してきた 天井形状であるが、広間の座敷にも応用できる手法として、現代数寄屋建 …

掛込み天井

平天井と、外部の庇がそのまま内部に掛け込んできた化粧屋根裏勾配天井と 小壁を介して組み合わせた形状を「掛込み天井」と呼びます。素朴で小さな 草屋根の草庵を茶室のひとつの形として、千利休が完成したとされます。こ の草庵風茶 …

折上げ天井(現在)

現在の住宅で折上げ天井と言えば部屋の中心部の 一部を上方へ凹ませた様式を指します。

最新活動報告

更新日 2019年11月27日

例会を開催しました。

詳細は下記より議事録をご覧ください。

[ 議事録を読む ]  [ 例会の開催日程 ]

有識者拡大サポート
古民家新民家ネットワーク
PAGETOP